04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-06 (Wed)
楓のかっこよさに心底、心底、惚れ惚れしました(´∀`*)でれ

「SPICA」公式サイト

堪らないんです(´∀`*)でれ
敬語キャラ(´∀`*)でれ 髪も長いし(´∀`*)でれ

相変わらずサーリヤと楓とどちらが最愛キャラか悩んでいます(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪
き、決められないなー。

追記にてネタバレありの感想です♪お嫌な方はここまで☆
白土楓は主人公に仕えています。
そのため、序盤からお嬢様至上主義
たまりません(´∀`*)でれ

そして、ミフターフではナスルと言う名の王子です。
これが、また異常なまでにかっこいい(´∀`*)でれ

姫巫女に話しかける時は甘い声なんですが、刺客が現れたときにはちょっと低めの厳しい声になるあたりがまた素晴らしい(´∀`*)でれ

そしてそしてーーー!!

ナスルの3章の展開が好き過ぎて頭がどうにかなりそうですーーー
(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪


さらに、ここで初めて登場の驚愕の事実。

実はナスルは人じゃなく夢魔だった (*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ

主人公はミフターフの世界に選ばれるべくして選ばれたアミーラだったのです。
ただ幼い頃にその資質に目覚めてしまったので恋を知る年齢になるまで、大切に守るようにとサヤラーンとイブリースにナスルとサクル(白土椿)が遣わされます。
ただ真にアミーラになると言う事は、現実世界の総てを捨て夢の中で生きる事になります。
それを主人公にさせたくない、でも主の命には逆らえない…とこの葛藤がナスルにもサクルをさいなみます。

そして、ナスルは自分が側にいては主人公を傷つけてしまう…壊してしまう…と側から離れようとするのです。
それが嫌で主人公が追いかけると、ナスルが拒絶し、主人公に剣を向けてくるのです。
そこへ、椿が現れ「お兄様が姫様を斬るというのなら、私がお兄様を斬ります」と言うと、「斬れ」というナスル…(ノД`)・゜・。

このシーンですでに泣ける。*゜(PД`q゜)゜*。わーーーーーーーん
傷つけたくない…だけど…傷つけてしまう…だから殺せ…というナスルですよーーーヽ(≧Д≦)ノ ウワァァン!!
あー泣ける。泣ける(ノД`)・゜・。

この後、主人公の前から消えたナスルを追いかけていると…

ブラックナスルきたーーー(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ

欲望のままに主人公を押し倒して、キスし、壊そうとします。
このシーン、うっかり目にした旦那様がポカーンとしていました。
だって、ヲタ主婦もびっくりしましたよー!!
あのスチルは『ぜ、全年齢?』とその後、議論しました`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
ち、ちなみに『すれすれで大丈夫』との結論(爆)

その後、ブラックナスルに楓に会いたい。忘れたくない。と伝えると主人公が失っていた幼い頃の記憶が甦ります。
そこで本物の、「白土楓」は事故で死んでしまって、ナスルがそれに成り代わっていたと言う事が分かるのです。
そんなナスルの存在ごと受け入れ、大好きだと伝える主人公。
その思いに答えるナスル。その時のナスルの告白↓

「貴方を独占したかった。……そしてされたかった。総ての役割や、私に課せられた運命を捨てて」

(中略)

「お嬢様。……貴方へのこの想いが、私が私である全て」

このセリフ堪らないですー(´∀`*)でれ
あぁ…あぁ…(ノД`)・゜・。
ナスル、愛してるーーー!!!

この後、二人はイブリースのもとへむかい、最後の戦いに挑むのですが…

ここのナスルのかっこよさは異常っ!!!

もうこの戦闘シーン惚れ惚れです。
さすが夢魔っ!人じゃないって素晴らしい(´∀`*)でれ(ぇ)

ラストは、主人公のナスルへの深い愛、そしてナスルの主人公の深い愛の力によって人になって現実世界で暮らすといったものでしたーε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー

うー、ナスルが幸せになってくれて本当に良かったー(ノД`)・゜・。

そしてすっかり寺島さんのお声にも惚れました(´∀`*)でれ
低い声も高い声も好みだなー(´∀`*)でれ
関連記事
| GARNET CRADLE/sugary sparkle | COM(8) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。