10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-08-28 (Sat)
『紅色天井艶妖綺譚/藍丸捕物帳』のカテゴリ追加致しました(≧w≦)v
紅天の感想をお求めの方はご利用下さいませーvvv

このゲーム別のカテゴリ方法を我ながら気に入ってるんですが(自画自賛←)、如何せんカテゴリがどんどん長くなっていくのが嫌なんだな(´・ω・`)
目次を用意して過去作品は一つのカテゴリにしようかしら…?とか、あれこれ考えてはみるんですが、まぁ、正直面倒くさいという`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
うーん。何か画期的な良い方法はないものか(・´ω・`*)

さてさて、お次は本編で「嘉祥エンドが無いなんてー(ノД`)・゜・。」と嘆き悲しんでいた雪辱を晴らすべく、嘉祥を堪能して来ましたーvvv
紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳

嘉祥 グッジョブ(*´∀`)b

…自分でも何が言いたいのかさっぱりですが、まぁ、とりあえず、「嘉祥ルート 凄く楽しかったー!」で問題無いと思います(≧w≦)うふふ♪
いやー、もう、本当に本編プレイ時に「嘉祥エンドないなんて、何て勿体無い事してんだよーヽ(`Д´)ノ」と思っていたんで大満足でした(*´∀`*)うひひ

では、追記にて嘉祥ルートの感想です(´∀`*)v
ネタバレがお嫌な方はここまで♪

ちなみにゲームの特性上、良い子もここまででお願いします(人∀`●)オネガイ♪



藍丸 可愛い…っ!

超可愛いよーっ ゜*。(*´Д`)。*°


いや、本編プレイ時のヲタ主婦はさっぱり藍丸の可愛さを理解していなかったとか…
馬鹿じゃないだろうかヽ(`Д´)ノ
と自分を罵りつつプレイしております(笑)
いやいや、待て待て、可愛くなったのか…?んー、当時から可愛かった気がする…なぁ。
やっぱり、ヲタ主婦が馬鹿だったと言う事ですね。分かりました。
!じゃあ、賢くなったのけΣ(ノ∀`*)ペチ←

すいません。ちょっと(?)壊れ気味なのは、全て嘉祥の所為です。
…いや、藍丸の所為かもしれない(≧w≦)ぐふふ

さてさて、嘉祥ルートは「vs天狗ルート」と「vs稀人ルート」に分類できそうですv

まず「vs天狗ルート」ですが、こちらは天狗に藍丸がのっとられてしまいます。
そして嘉祥を殺そうとするんですが、うっかり目を瞑らなかった所為で襲にどっか飛ばされちゃったエンドに一番最初に辿り着いてびっくり(゚д゚)
と言うか、いきなりタイトル画面に戻ったのに驚いた(笑)
途中まで、襲が「なんちゃってー」とか言うと本気で期待していたんですが←
良く考えたら、そんな事を言うキャラじゃなさ過ぎでした(爆)

しっかり目を瞑ると、念願の嘉祥×藍丸の出来上がり(≧w≦)v

この時、覗き見ている襲の↓態度に違うだろーヽ(`Д´)ノとなったのはヲタ主婦だけ????

「うふふ……ふふふふ……っ、
んふふふっふふふっ……!!」

(中略)

「嘉祥一紋、万歳……!」


うがーヽ(`Д´)ノ 何で喜んでんの!3Pはヽ(*`Д´)ノ

猛烈に楽しみにしていたのに…(ノД`)・゜・。
嘉祥×(藍丸+襲)の絡みシーン(ノД`)・゜・。
…3Pの表記の仕方が分かんないんですが、ヲタ主婦のイメージだとこの数式(笑)

ああああ、嘉祥と藍丸の濡れ場が見れて大満足だけど…っ!だけど…っ!
嘉祥と襲ができてないとか、ありえねーだろヽ(`Д´)ノ
嘉祥と襲の濡れ場を藍丸に覗き見させるとか、そんなシチュエーションも楽しみにしていたヲタ主婦のこの胸の渇望をどうしてくれる…っ!
うー(ノД`)・゜・。うー(ノД`)・゜・。

総括すると、ヲタ主婦は襲に喘がせたかったと言う事ですよ(●`・ω・´●)
だって、すっごく良いお声じゃないですか?
他の作品では見かけない気がするんですが、どこかで聞いた事あるのかしら?
もっと活躍して下さると良いなvvv

ふぅ、襲への思いは書き出すと止まらないのでこの辺で(苦笑)


嘉祥のお話は「vs稀人ルート」がメインルートになるのかな♪
こちらのルートは嘉祥の人となり妖となりが良く描かれてて素晴らしいルートじゃないかと(*´∀`*)

稀人とは疫病神なんですが、その神を封じようと協力し合う藍丸と嘉祥の関係が好きだー!
無事に封印する事ができるとベストエンドでしたーv
ちなみに藍丸が一服盛られて美味しく食べられるという(≧w≦)嘉祥ったらぁ♪

そして、嘉祥エンドのエピローグが最高に好きだー゜*。(*´Д`)。*°
上手く言えないんですが、これぞBLならでは…!って感じがするんですよねぇ。
嘉祥と藍丸が互いの仕事を果たすため、背を向けて歩き出すあのスチル…っ!
思わず鳥肌が立ちそうでした。
すっごく雰囲気あるスチルで、きっと一番好きなスチルになりそうな予感がヒシヒシv

それにしても、こちらのルートはまさかの触手プレイにびっくりしました(ノ∇≦*) キャ♪
BLと触手は切り離せないものなのけ?
ヲタ主婦はそこまで嫌いじゃないけど、求めてもいないよ(笑)

関連記事
| 紅色天井艶妖奇憚/藍丸捕物長 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。