07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-04-10 (Sun)
絶賛良い嫁期間が到来しておりまーす!
※絶賛良い嫁期間=旦那様のお母様のお泊りデー
つか、もう良い嫁なんてしてないけどね(*´∀`)クスクス むしろダメ嫁全開だけどね…っ!←
でも、さすがにBLゲームは封印中でございます(´・ω・`)
神学校が未だ未開封とか…(´Д`;)ノ
もうすぐオメルタ発売とか…(´Д`;)ノ

早くBLゲームを全力でプレイしたいぃぃぃぃー!

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~

このルートはシナリオが凄く良かった゜*。(*´Д`)。*°
最愛キャラは終夜で不動なヲタ主婦ですが、円もかなりぐっときちゃいました(*´艸`)
円の喋りも可愛くて好きvvv

では、追記にて英円ルートの感想ですvネタバレがお嫌な方はここまで♪


円は主人公の学校の下級生で極度のブラコンv
ブラコンって言うか、むしろ信者?(*´∀`)クスクス
ちなみに、兄の央は極度の空気が読めない子v
その兄を盲信しているから、二人そろって終夜と同じくらい手に負えませんでした(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

実は円は英家の本当の子供じゃないんです(´・ω・`)良くある設定だよね(*´艸`)←
だから家族の一員になる為には、央を褒めたたえなければ…と思っているんです。
そんな事しなくても、本当に英家の人は良い人揃いで円を大切に思っているんですけどねぇ(´・ω・`)ふぅ。

円のイベントは2010年も2020年もとっても良かったですvvv
央の事しか見えていなかった円が主人公と接するうちに、少しづつ柔軟になっていくのが良いんですよねぇvvv
親に初めて我侭を言ったり、央と一緒にお店を持つ夢を語るイベントは大好き(*´∀`*)

2020年の円は随分と目が細くなっていてしょんぼり(´・ω・`)
ぱっちりおめめが可愛くて好きだったのになぁ。しかも随分ガラが悪くなってるし(*´∀`)クスクス
変わらない所は変わらないんですけどねv

2020年の円は主人公とはほぼ面識無し。
ですが、脅されて主人公を事故に遭うように仕向けた過去の持ち主でした('A`)不憫な子…。

円は何も悪い事をしていないのに、家族に言えない秘密を持つ事になり、主人公を傷つけた負い目を持ち、更には鷹斗に理不尽に恨まれて、家族の仲を裂かれていたり…(ノД`)・゜・。
書いてて哀しくなってきたよ。不憫過ぎる!そりゃーやさぐれて、ちょっとガラが悪くなったり、目が細くなっても仕方がない(ぇ)

ヲタ主婦の最萌えイベントは円ルートだったりします(*´艸`)
色々あって参ってる主人公が怒りながら泣くシーンがあるんですが、その時に抱きしめる所vvv
最初は肩を抱くというか抱き寄せてるだけなんですが、主人公が大泣きし始めると強く抱きしめるんですよ(・∀・*)♪
上手く説明できませんが、何かぐっときた…っ!

円の告白イベントの↓セリフもぐっときたなぁvvv

「ぼくにとって大切なのは、
家族と自分の平穏だけです」
「だけど、どうやらぼくの平穏には
あなたが必要みたいです」
「だから、あなたがぼくを好きな気持ちが
どの程度でも、諦めてください。ぼくはぼくが
あなたを必要とする気持ちを優先します」


いくらでも優先して…っ(●`・ω・´●)モキュ♪

ただ、「好き」って言われるより、ずっと深く求められてるみたいで良いですよねぇvvv

そんなに主人公の事を好きになってくれたのに、2010年に戻るか2020年に残るか悩んでいる時に聞いた↓の言葉は、思わず涙がでた。

「ぼくは、
あなたの人生を閉ざしました」
「だから、元の世界に帰してやりたいとも、
思うんです。そして、今度こそ何があっても、
あなたの未来を守りたい」
「……ぼくの未来も」


この「ぼくの未来も」が切なくて、切なくて(ノД`)・゜・。
本当に、主人公もですが、円もかなりの被害者ですよねぇ(´・ω・`)

帰還エンドの2020年の円とのお別れのシーンは本当に号泣
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

「この世界のこと、ぼくのこと。
忘れてください」
「忘れて、元の世界のぼくのこと、
幸せにしてください」
「このぼくを振ったんですから、
そのくらいのことはできますよね?」


↑のセリフは反則だろぉぉぉぉー。
元のぼくも幸せにしたいけど、貴方を幸せにしたいヲタ主婦の気持ちはどうすれば('A`)
しかも、鷹斗が怒り狂ってたんだけど、まさか…円、こ、殺された…の ガクガク(((・Α・川)))ブルブル

そんなこんなも全て忘れて、主人公は2010年の円とラブラブでしたv…この辺がいつも複雑(´・ω・`)
同じ言葉を言ったり、同じ物をプレゼントしてくれたり、やっぱり中身は同じ人物なんだなぁって思うと、嬉しさよりも切なさが込み上げるんですよねぇ(ノД`)・゜・。

残留エンドでは、CLOCK ZEROからの逃亡生活しつつ、世界を良くしようとがんばってましたーvvv
スキンシップ過多なラブラブぶりで、見ていてうらやま微笑ましかったですv
↓セリフがお気に入りv

「あなたのせいで、バカになってしまいました。
大変遺憾です」


どんどんバカになれば良いよ!
遺憾じゃないよ!
でも央に怒られた(*´∀`)クスクス

「……あのさあ、君たち。
仲直りしたのはいいんだけど、場所選ぼうよ。
隠れてる自覚、ある?」


央はすっかりまともな人になっててびっくりですよー!
CZメンバーでは終夜と並んで、ぶっ飛んでた気がしたのに(*´∀`)クスクス
2010年の央はあまり好きになれなかったんですが、この央となら愛を育みたいかもvvv
攻略キャラじゃなくて残念(´・ω・`)あ、円に怒られる(´Д`;)ノ

さて、最後は鷹斗の感想をお届けしまーすvvv
既に準備万端だぜ…( ̄▼ ̄*)ニヤッ

関連記事
| CLOCK ZERO~終焉の一秒~ | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。